新年度予算1兆2千億代、コロナ対策など保健福祉は1800億円代、2月定例県議会に向けて政調会。

1月13日~14日にかけて、2月定例県議の政調会です。今日は、総務部・企画調整部・避難地域復興局・文化スポーツ局・保健福祉部・こども未来局・農林水産部・企業局・病院局でした。

新年度予算1兆2千億代、コロナ対策など保健福祉は1800億円代です。国の3次補正はこれからなので、実質は15か月予算になるだろうとのことで、ほぼ前年と同額のなるのではないかとみられます。復興関連はまだ不明ですが、減額になる見込みです。

 コロナ感染はステージ3になり、病床の逼迫が深刻です。即応病床数はこれまで260床から現在300まで拡大し必要病床数は350ですが、469は形式か?心配されます。

メガ発電で環境破壊が心配される中、特に温暖化で災害が多い時代に入ったこと、メガ発電推進からの転換を求め、電力そのものの収益を県内循環型に、住民参加地域主導型で環境共生型に切り替えるためにも、計画の段階から住民参加を保証する仕組みづくりを検討すべきと求めました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください