CO2削減での雇用対策・全港湾労組と懇談

全港湾労組小名浜支部の幹部の皆さんとエネルギー政策で懇談しました。2050年カーボンニュートラルという目標との関係で、すでに石炭荷上げの現場に困惑が生じていること、海外から輸入する木質ペレットは今は固形をしていない粉末状の木屑が主になりつつある、など、が分かりましたした。こちらからは議会と自治体一月号の明日香東北大教授の論文のコピーを持参して、今後も学び合いたいということになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください