断層に沿って歩きました・はっきり見える断層と被害です

29日、4月11日・12日と強烈な余震を引き起こした井戸沢断層に沿って歩きました。この断層は今まで言われてきたものより南よりに沿った新しいもののようです。断層の地図の通りひどい被害状況でした。写真の被害場所はいわき市田人町黒田斎道です(通称塩の平)。この断層の延長に田人町石住・才鉢の山の崩壊があります。また、井戸沢断層のほかに湯の岳断層も動いてこれも渡辺町釜戸の大規模な山崩れになっています。この二つの断層は被害にあった皆さんに聞いたり被害の状況を見たりすると、3月11日の本地震より強かったように見えます。(この話は私の見たり聞いたりしたもので科学的うらずけではありません)

写真は、2m以上の道路陥没(2枚)・はっきり見える亀裂

写真は、陥没した田に溜まる水(ため池ではありません)(2枚)

写真は、断層の上の家(2枚)
写真は、井戸沢断層?ここに沿ってひどい被害です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください