三大明神風力発電事業に対して9月13日政府オンライン交渉・岩淵議員中継で

9月13日、三大明神風力発電問題で政府交渉をオンラインで行いました。いわぶち友参院議員が中継してくれました。

農林水産省は、挨拶と概要発言は、岩渕議員。次に、保安林解除と土砂災害の危険について  東山広幸さん。直接利害関係者として不採用通知と河川氾濫の危険 については  佐藤吉行さん。直接利害関係者として不採用通知と山の状況 は 平子敏之さんです。他の利害関係者の状況については 渡辺ふみさんです。林野庁からの回答では、大規模な切土・盛り土を行う作業用道路を保安林解除なしで行うために、国と協議をしてきたことがわかりました。私は、これらの議事録開示を求めました。また、一律に異議申し立てを却下したことについて、利害関係者をどう見るかの回答を求めました。これらのことが示され内容が納得されるまで作業停止を求めました。

次に、経済産業省交渉は、挨拶と概要発言    岩渕議員 土砂災害の評価のない評価書の問題点について、盛り土と土砂災害の危険についての評価   東山広幸さん。住民合意のない計画は中止について佐藤吉行さん。事業計画の山系の土砂災害の危険な状況 について平子敏之さん。保安林解除関連の問題を指摘し、納得蟻回答が出るまでは、作業を停止するよう求めました。【赤旗しんぶん9月15日】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください