閉会日、吉田県議が討論。県民連合と「常任委員会の正副委員長と副議長を第二会派に」と同一歩調。怒涛のような一日。各担当常任委員。合間に消費税問題でスタンディング。

8日、怒涛のような一日でした。吉田県議が総合計画と知事提出議案等の反対の立場で討論をしました。議長・副議長選もありました。

まず吉田議員が知事提出議案等と総合計画に反対討論。これで通常の流れは終わり。

次は、常任委員会の改選を受けて(2年目なので改選)常任委員会の正副委員長選出ですが、二年前に続いて今回も自民党が独占しようとしたので、県民連合と一緒に独占反対の歩調。(共産党は第一会派委員長、第二会派副委員長を主張)

同じく、議長・副議長も自民が独占しようとしたので、副議長は第二会派の県民連合にと、同一歩調。県民連合の役員の方が共産党の控室に見える。

常任委員会委員長・副委員長の採決の様子。(共産・県民連合同一歩調)

議長・副議長は選挙。

終わって、自民で独占した新正副議長があいさつに。民主的運営を求めました。

共産党県議団、各所属常任委員会。総務・大橋沙織。企画環境・吉田英策。商労文教・宮本しづえ。農林水産・宮川えみ子。土木・神山悦子。

会議の合間に、県・民商の皆さんと県庁前でスタンディング。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください