いわき市から孤立した田人石住の集落に・「医者に行くのも買い物も 不自由、情報もない」と

4月11日・12日の強烈な余震で4人の方が亡くなって、いわき市から孤立してしまったいわき市田人町石住にお邪魔しました。集会所では、医者に行ったり買い物に行ったりすることが大変、特に車のないお年よりは苦労している、新聞も来なくて情報がないなどの要望を受けました、また、3人が山崩れで亡くなった現場に行き、今後の対応策などの要望も受けました。さらに車が巻き込まれ1人が亡くなった石川側(内陸側)の通行止め箇所にも行き、近所の方の要望も聞きました。

写真は、石川から(内陸)の交通遮断箇所

写真は、集会所でご要望を聞きました

写真は、3人の方がなくなった貝屋の現場・高橋明子市議と

写真は、山吹の花

3 thoughts on “いわき市から孤立した田人石住の集落に・「医者に行くのも買い物も 不自由、情報もない」と

  1. たまさんに
    コメントありがとうございました。
    3月11日の大災害の後の4月11日・12日と、福島県いわき市は強烈な余震に襲われあちこちがけ崩れ・山崩れが起きました。他の地区より1カ月遅れのまたもやの大災害で道路が寸断され孤立したのです。
    本当に大変です。ご心配ありがとうございました。

  2. たまさんにコメントありがとうございました。3月11日の大災害の後の4月11日・12日と、福島県いわき市は強烈な余震に襲われあちこちがけ崩れ・山崩れが起きました。他の地区より1カ月遅れのまたもやの大災害で道路が寸断され孤立したのです。本当に大変です。ご心配ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください