「罹災証明を早く・仮設住の発注は具体的に・災害で全壊半壊にお金が出ることをもっと周知して」 など、全建総連福島県いわき支部と懇談

 

12日、全建総連福島のいわき支部と懇談しました。忙しい中、時間を割いて対応していただいた高萩多喜蔵組合長は、何事も罹災証明がないと進まない早く出るようにお願いしたい、仮設住宅を地元事業者にという話はあるが具体化しない、災害救助法で全壊・半壊の住宅にお金が出ることを知らない人が多いので広報してほしいなどの要望をいただきました。また、一部損壊には有効な支援策がないことなどで運動を進めましょうと呼びかけました。
写真は、組合長さんと懇談

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください