「 竹の子に放射能出た・何とか早く(原発)収束させて・もっと細かく計って」「家の土手がくずれた・瓦も、どうしていいかわからない」・真剣深刻な話がいっぱい小集会

15日、山田で懇談会を開きました。やはり原発問題では皆さん真剣で、「竹の子に放射能がでた・もっと細かく調査をしてほしい」「地震で家の土台が危ない・瓦も、どうしていいかわからない」と真剣深刻な意見がたくさん出ました。未曾有の大災害なのだから法律を変えてでも国民を救済する必要がある、国の形を変えて真の復旧・復興を実現させましょうと呼びかけました。


写真は、懇談会・伊藤浩之市議と


写真は、咲き誇る藤の花

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください