子供の医療費を中学校まで無料に・市町村国保への財政支援を・県交渉

 27日、日本共産党福島県委員会と県議団・地方議員団は、子どもの医療費無料化の年齢引き上げ・市町村国保への財政支援を求めて県と交渉をしました。

岩淵ともさん(参議院選挙区予定候補)が国との交渉の経過を説明しながら実現を求めました。

交渉で対応した県の保健福祉部は、県の制度として中学校までの医療費無料化については、持続的な財政負担が必要、国の制度として求めていくと言ういつもの答弁で、国保への財政支援については、国保が高いと言うことは十分認識をしているが、法律として低所得者についての減免規定はないという説明にとどまりました。


 交渉に参加した共産党の地方議員団は、厳しい財政状況で市町村はがんばっている、住民の暮らしは限界で県の支援が重要になっていると実態を示しながら交渉をしました。
写真は、交渉と懇談。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください