日本共産党中央委員会からの義援金を届ける。 「いわき市は原発も地震も現在進行形で大変な作業」と伊藤副市長。「仮設住宅に入ったら生活費食費どうするかだ」と広野町長。

29日、日本共産党中央委員会からの第2次義援金をいわき市と広野町に届けました。いわき市では伊東正晃副市長に対応していただきました。いわき市の伊藤副市長は、避難住宅問題では、良い方向なのだが国や県の方向が次々に変わるので大変、瓦礫対策は一時保管の瓦礫処理の放射能の基準を早く出してもらわないと進まない、また、いわき市は罹災・被災届けが今も次々に市民から申請が来る、「いわき市は原発も地震も現在進行形だ」と、大変な状況が続いていることを示しました。
広野町では、いわき市常磐に広野役場がありますが、対応していただいた山田町長は「避難住宅に入居したら3食自分で出すことになる、お金ば大変になる、とにかく暮らせるような国の対応を早急に求めたい」と、話ました。

写真は、4人のいわき市議団・長谷部さん・菅野委員長・県町田書記長・私で市に義援金を届ける。

写真は、畑中町議・菅野委員長・県町田書記長・私で広野役場に義援金を届ける。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください