福島第一原発汚染水(ALPS処理水)海洋放出のための設 備新設工事に係る県の事前了解は行わないことを求める緊 急申し入れ 原子力規制委員会が東電の汚染水海洋放出に係る設備新設工事を認可した

福島第一原発・汚染水海洋放出のための工事について、県の原子力安全確保技術検討
会は 26 日、了承する方向を県知事に報告。今後、内堀雅雄県知事がどう判断するかが焦点です。これを受け、「みんなで新しい県政をつくる会」、「ふくしま復興共同センター」、党福島県委員会、党県議団は 28 日、県に緊急申し入れを行いました。
申し入れは、この間、漁業者はもとより広範な県民、国民から反対の声が挙げられていることや県内の市町村議会の7割が海洋放出に反対・慎重対応を求める意見書をあげたことを指摘。それに反して国が一方的に海洋放出の方針を決め進めてきたことを批判し、来春の海洋放出を認めない立場を表明すること、工事の事前了解をしないこと、など5点を求めました。(宮川は地元で年金者組合ご挨拶)

申し入れ全文は以下をクイックしてください。

2022年7月28日汚染水海洋放出の設備事前了解に関する申し入れ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください