日本共産党国会議員団として、東京電力福島第一原発事故をめぐる海洋放出の方針撤回を石井正弘経産副大臣に申し入れ。

日本共産党国会議員団として、東京電力福島第一原発事故をめぐる海洋放出の方針撤回を石井正弘経産副大臣に申し入れ。

高橋千鶴子・塩川鉄也衆院議員、紙智子・山添拓参院議員と申し入れました。
「海洋放出に反対、別な方法を求める声は知っている。丁寧に説明する」との回答。
廃炉作業が計画通りに進まないもと、海洋放出だけを急ぐ必要はありません。
原子力規制委員会が海洋放出のための工事にゴーサインを出し、地元が事前了解するもとで、今日から工事がはじまっています。
声を受け止めているというのであれば、方針の撤回・見直しを。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください