元自民党幹事長の古賀誠さん「9条こそ財産。後世に語り継ごう」と講演

「9条こそ財産。後世に語り継ごう」と訴えた古賀さん=福岡県大牟田市の大牟田文化会館で2022年8月20日午後3時半ごろ、降旗英峰撮影
© 毎日新聞 提供 「9条こそ財産。後世に語り継ごう」と訴えた古賀さん=福岡県大牟田市の大牟田文化会館で2022年8月20日午後3時半ごろ、降旗英峰撮影
 元自民党幹事長の古賀誠さん(82)が20日、福岡県大牟田市で講演し「日本が戦後77年戦争に巻き込まれなかったことは事実。憲法9条を手放してはいけない」と持論の9条堅持を訴えた。

古賀さんは出征した父がフィリピンのレイテ島で戦死しており、「憲法九条は世界遺産」の著書を持つ。講演は市民団体「大牟田の空襲を記録する会」の設立50周年記念事業で、自民党議員や護憲派の九条の会メンバーなど約270人が参加した。

自民は9条に自衛隊を明記する改憲案を提起しているが、古賀さんは日中戦争と太平洋戦争で日本人約310万人が亡くなったことに触れ、「たくさんの涙があって9条がある。(亡くなった)安倍元首相は『自衛隊を明記しても何も変わらない』と言ったが、変わらないなら書く必要はない。抑止力で一番強いのが9条だ」と述べた。

参加した古賀さんの後継者で衆院福岡7区(大牟田市など)選出の藤丸敏・副内閣相は「9条は手をつけず、自衛隊は内閣の職務を定めた73条に明記することを党内で提案していく」と話した。

一方、九条の会おおむたの会員は「世論が盛り上がる。心強く思った」、記録する会の中嶋光秋代表(82)は「(古賀氏は)父の戦死に対する悲しみ、怒りがあるのだろう」と感想を語った。【降旗英峰】

 元自民党幹事長の古賀誠さん「9条こそ財産。後世に語り継ごう」と講演」への2件のフィードバック

  1. 古賀さんの顔写真を見ると、私の小学校5~6年生時の担任先生を思い出します。顔の表情が良く似ています。当時の教育方針に矛盾を感じていたのか、毎日、粕取り焼酎をよく飲んでいました。古賀さんが82才だそうですが私はもう86歳になってしまいました。1945年3月17日未明の神戸空襲を今もよく思い出します。私の妻も同じ神戸市で、ちょうどお雛さんを2階に飾っていたのを、空襲時に持って逃げようとして親に叱られたとか、そのために公園の防空壕に逃げ遅れた結果、防空壕はまる焼けとなり、お雛さんに命を助けられたようなものだと語っています。二度とあのような悲惨な目にあわないよう、9条は守る必要があると共感しています。

  2. 高馬史郎様へ
    心のこもったコメントありがとうございました。私は終戦直後、満州で生まれ親に連れられて引き上げてきました。
    30人に一人も助からなかったと親に言われ育ちました。母親が、何度も何度も引き上げの悲惨さを話してくれ、追体験をしたような状況でした。
    9条を守る、9条を生かす、是非ともに頑張りましょう。
    ありがとうございました。
    私は76歳です。来年の県議選77歳でまた戦います。
    宮川えみ子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください