(4)鮫川改修調査・錦御宝殿地区、県の人で不足が問題、古い水門の撤去を。避難も困ってると。

鮫川改修についてこれまでの経過、(1)勿来土木事務所に・8月16日、(2)いわき建設事務所に・8月31日、(3)本庁河川課に・9月13日、(4)錦御宝殿に区長さんと地元の方で現地調査。

9月16日、地域の方と区長さんの案内で、鮫川改修問題で御宝殿地区を調査しました。使われていない水門の撤去などの要望をいただきました。また、県の体制が悪い、地元やいわき市などともっと協議をして工事を進めてほしい、5回も設計変更がされて工事が遅れていると苦情も。

<地元やいわき市との調整を密にして工事の促進をと区長さんから>

IMG_0002_BURST00120220916095013

御宝地区から下流を見る。下流のJR陸橋の下は、3年前の豪雨以降補強されたようだ。8月3・4日喜多方豪雨で陸橋が流されたこともあって補強されたのかなと。使われていない水門の撤去は急がれるとも。古くなった水門が流されてJR陸橋に当たったら大変だとも。JR下鉄橋橋脚補強、大きな石?が敷かれた。 3年前の豪雨で、いっそう川の中にたまってきた土砂。 地元市道との取り付けとの関係で設計変更と説明受ける、御宝殿側の土盛りはしないことに。

上流のダムからの放水を知らせるサイレン。避難も高齢者が多くなってきて思うようにいかない。南の森の避難所はすぐ満杯になるし、近くの学校への避難はどうなのか、避難をもうあきらめている人も多いと。区長さんの悩みも深いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください