原発・地震・放射能被害など、あふれかえる相談者・共同センターなんでも相談会

5日、日本共産党も参加する共同センターの何でも相談会がいわき市で行われました。私も相談を受ける側として参加しました。「原発避難区域ではないが小さな子どもがいて自主避難をした、このような場合も東電に費用の請求ができるでしょか」「放射能が心配なんですが窓を開けていいでしょうか」「地震で地下水が湧き出てしまった、家が心配」「地震で店を休まざるを得なかった、商売の機械が壊れたが何か支援策がないか」などの相談を受けました。相馬からの漁業者など幅広い相談者の方が38人も見えました。弁護士さん・議員・労働組合の方・ボランテァの方も40人参加しました。それにしてもものすごい相談者の数で、会場からあふれていました。一人一人の声が政治を動かす原動力になると実感しましました。これから原子力賠償問題が本格的になっていくので、運動も広げていく必要があります。


写真は、弁護士さんの相談


写真は、電話での相談・私。

原発県連の早川さんも


写真は、会場からあふれた方々

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください