「富岡に2世帯住宅を作って息子たちと住む準備中だった・・、原発はひどい」・常磐で放射能学習会と懇談

17日、常磐で放射能学習と懇談会をしました。暮らしの中で役立つ伊東達也さんの放射能の話、いわき市の震災状況を話する溝口民子市議、私は、日本には再生可能資源エネルギーは環境省の試算でも原発の40倍もあると言い、脱原発は世界の流れで、情勢は福島県も世界も激変してきていると言い、原発の署名などの行動をお願いしました。懇談では「富岡町に新しい家を建てて息子と住む予定だった原発はひどい」という人や、「うちは5人有権者がいる」といって、近所の家に戻ってすぐ署名を持ってきてくれた人もいました。
私の放射能測定機は、伊東達也さんの(値段の高い)測定機と数値は同じで、まずまずの働きです(昨日手に入ったもの)。


写真は、放射能のお話をする伊東達也さん


写真は、いわき市の被害状況を話する溝口民子市議


写真は、脱原発は世界の流れと話す私


放射能測定機で会場を測定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください