「無残・痛恨の極み」自民Y議員・「福島県には原発はいらない」自民S議員・「安全神話を検証することなく・・・万死に値する」民主H議員。福島県議会一般質問始まる

30日、一般質問が始まりました。今日は自民党が3人、民主党(県民連合)が2人登壇しました。ほとんどの議員は原発に対し明確に原発を否定する発言をし、「無残・痛恨の極み・放射線の惨状は明らか」自民Y議員、「制御不能の放射能はお化け・福島県に原発はいらない」自民S議員、「安全神話を検証することなく・・・万死に値する・・脱原発を推進することで福島のみなさんに償う」民主H議員、と発言しました。刻々と県議会の情勢も変わってきています。
明日は、夕方4時ころ日本共産党・神山悦子議員の質問です。東日本大震災・原発震災以後初めての定例議会です。ぜひ傍聴にお出かけください。


写真は、夕方5時近くまでかかった議会を終えて控室に

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください