「原子力政策からの脱却・再生可能エネルギー推進」など・「復興ビジョン」に対する各会派の考え方(中間報告)がまとまる

6日、東日本大災害復旧復興対策特別委員会(加藤貞夫委員長)が開かれ、知事が有識者に依頼していた「復興ビジョン」が出されたことで各会派がこのビジョンに対して意見を述べ合いました。基本理念(基本方針)等については確認しあいました。
まとまった内容は〇基本理念(基本方針)等について①原子力政策から脱却し、再生可能エネルギーの推進など新たなエネルギー政策を推進し、安全・安心で持続的に発展可能な社会づくり②福島を愛し、心を寄せるすべての人々の力を結集した復興③命を大切にし、誇りあるふるさと再生・創造的復興の実現④原子力災害の克服です。主要施策については各会派からの意見が網羅され今後精査されます。


写真は、特別委員会で意見を述べる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください