9月定例議会に向けて政調会開かれる。民主・野田首相誕生したが・・

30日、福島県議会9月定例会に向けて執行部の説明を受ける政調会が開かれました。福島豪雨対策・大震災対策の補正予算が組まれます。①企画調整部では復興計画を年内に総合計画の一部見直しを12月議会に提出②生活環境部ではモニタリングポスト、ゲルマニューム分析器配置計画など、除染計画や廃棄物処理問題、原子力賠償問題など③保健福祉部では原発事故などの精神的ケア対策や健康管理、地域医療に対する支援など④商工労働部では中小企業グループなどへの一体的支援など⑤農林水産部では農林水産物や米などのモニタリング対策など⑥土木部では原発・豪雨対策など⑦教育庁は学校などの表土改善の状況、サテライト校の集約や宿舎対応などです。


農産物や米のモニタリング対策の強化や、締め切った中小商工業補助の二次募集再開、いわき市の住宅不足と公営住宅建設、会津の豪雨対策では雪の降る前までの交通網確保、教育問題では教員採用要望など求めました。

民主党野田首相が誕生しました。「大連立」「大増税」に内閣では早晩破たんに直面せざるをえないと思います。

写真は、政調会での質疑
写真は、野田総理誕生の新聞報道


写真は、田人の鶏頭の花

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください