感謝をこめていわき市消防団に義援金

9月3日、日本共産党中央委員会から届いた義援金をいわき市消防団にお届けし懇談しました。消防団では、麻原秀雄団長、強口紀之・箭内佐久冶・大久保克巳各副団長、市消防本部の方々が対応してくれました。

今まで福島県・いわき市・漁協・JA・商工会議所などにお届けしていましたが、今日は消防団でした。

今回の大震災では、消防団の皆さんの働きは本当にすばらしく、消防団の皆さんのおかげで多くの命も救われました。心からの感謝をこめてお渡ししました。

皆さんからは、放射能濃度が高い廃棄物の処理・壊れた堤防の早期設置・津波の被害にあった方々が今後住む場所などさまざまな要望が出されました。

いわき市消防団は、現在3745人で、今回の大災害では死亡者ゼロ・負傷者1人でした。

写真は、麻原秀雄消防団長に義援金をおわたしする

写真は、皆さんと懇談

写真は、いわき市の災害の記録を見せていただく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください