「一部損壊住宅支援制度創設・借り上げ住宅特例の延長・地震での水源枯渇支援など」市長に申し入れ

21日、東日本大震災対策本部として、市民の緊急で切実な要望でいわき市長に申し入れを行いました。申し入れに行ったのは、いわき双葉地区委員会菅野委員長・いわき市議団・長谷部さん・私です。
申し入れの内容は①借り上げ住宅の特例措置の延長(震災での無料化延長・不足している住宅対策)②罹災証明の調査等(調査の迅速化・十分な説明・電話対応の拡充)③一部損壊住宅支援④放射性物質測定・除染(調査の充実・除染・自家製野菜の測定実施など)⑤地震での水源枯渇支援⑥被災者の心のケア対策などです。
その中で対応した副市長は、借り上げ住宅特別措置は来週にも要望の方向が示されると思う、仮設住宅等は11月にも入居ができるよう準備を進めているなどの回答などでした。地震での水源枯渇対策支援は、支援策を検討中とのことでした。


写真は、いわき市議団と長谷部さんと申し入れ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください