「なくせ原発!安心して住み続けられる福島を!10・30大集会インふくしま」・に1万人、みんなで参加しました

10月30日、原発なくせの福島大集会に行ってきました。福島市の四季の里で開かれました。予定の2倍に1万人が集まった大集会になりました。あいさつに立ったのは、この集会の呼びかけ人の早川篤雄さん(楢葉町の住職でいわき市に避難中)、同じく片岡輝美さん(会津放射線情報センター)、福島農協中央会会長の庄條德一さん、馬場有(たもつ)浪江町長、菅野典雄飯館村長、佐藤栄佐久前福島県知事、志位和夫共産党委員長の7人。
浪江町長の話は、町民の気持ちに立った本当の心を打つ話で、子どもチームの話は政治の遅れを何とかさせたいとみんなが思う話でした。日本共産党の志位委員長の挨拶は、除染・賠償・財源など具体的で良かったです。
写真は、集会の様子

写真は、県議選予定候補

写真は、予定候補と共同候補の根本さん

写真は、予定候補と志位委員長

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください