「5人の県議団初顔合わせ」役割分担を決める

24日、日本共産党福島県議団は、県委員会に集まり県議団の役割分担を決めました。団長が神山悦子・副団長が宮川えみ子と阿部裕美子・幹事長が宮本しずえ・政調会長が長谷部あつしです。
会議の後、福島民報・福島民友の新聞社にご挨拶に行きました。5人以上は交渉会派として扱われ(5人以上と決めることは問題ですが)、代表質問ができ市民団体などからの請願などの審査に参加できます。「県議会の流れを変えてほしい」と、多くの方から要望をいただきました。
写真は、会議


写真は、みんなでそろって


写真は、新聞社との懇談

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください