「省庁の枠組みを超えて支援を、現地の実情を届けてください」と福島復興庁で懇談。除染センター訪問

21日、質問作成の合間を縫って、福島市内にある復興庁福島復興局と環境省福島環境再生事務所を党県議団としてたずねました。
2月10日からここで仕事を始めた復興局は25人体制です。いわき支所、南相馬支所などの職員を含めて30人体制です。対応していただいた復興庁の鉢村健政策参与は、現地を精力的に歩いて実状をよくつかまれているようで大いに省庁を超えた支援をいただきたいと思いました。

1月4日に開設した環境再生事務所は、除染がおもな仕事で現在は70人体制で、4月には200人、最終的には本省とあわせ400人になるとのことです。

写真は、環境庁復興局で懇談


写真は、環境庁復興局の皆さん


写真は、福島環境再生事務所の入り口


写真は、福島環境再生事務所の隣にできる除染センターのイメージ図

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください