それでも元気に明るく卒業式が・若い力に期待を持って

3月1日、福島県立磐城農業高校の卒業式のお祝いにおじゃましました。私の家の近くですが大震災の地震の被害で校舎などが壊滅的打撃を受け、近くの勿来高校の校舎を借りての学習でした。今は仮校舎で学んでいますが、校舎だけでなくかけがいの無い友人も失った皆さんです。放射能問題で農業が重大な事態になっていますがそんな中でも元気な皆さんの姿を見て、いろいろあってもがんばってほしいと心から思いました。
県教育委員長のはなむけの言葉に、3・11の大震災の惨状について「その道を招き寄せた大人の一人として・・謝罪しなければならない・・経済的な豊かさや利便性を享受している間に・・自然とのかかわりを踏み外したのではないか・・築き上げてきた価値とは何か」と、問いかけていました。
写真は、卒業証書の授与


写真は、3月1日は明るい陽射し

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください