「上からでなく下から、集中でなく分権で、外からでなく内から」・おきてしまった原発震災、今、福島の復興を考えるシンポ

 21日、浜通り医療生協主催のシンポジュウム「起きてしまった原発震災!今、福島の復興を考える」に行って来ました。佐藤栄左久・元福島県知事、いわき市出進の大学院生・開沼博氏、日本共産党元参議院議員・政策委員長・医師の小池晃氏、日野秀逸・日本医療生協連合会副会長 の4人のシンポジウムでは、歩んできた道はかなり違いますが、原発問題の現状認識や復興対策では、100 %一致したものであり大変よかったでした。最後に「上からでなく下から、集中でなく分権で、外からでなく内から」と、日野秀逸さんのまとめでは皆さんも大きな拍手を送りました。

写真は、シンポジュウム会場


写真は、佐藤栄左久・元福島県知事


写真は、開沼博氏

写真は、小池晃元参議院議員・政策委員長・医師


写真は、日野秀逸・日本医療生協連合会副会長

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください