「原発・やめようプルサーマル共同集会」・街頭宣伝

 写真は、共同集会での発言。

13日、大熊町文化センターで、やめようプルサーマル共同集会がありました。プルサ-マル反対双葉住民の会・原発の安全性を求める福島県連絡会・脱原発福島ネットワークの3団体主催です。それぞれの団体からの報告などがありました。強調された問題では、民主党政権になって政治主導とも言うべき事態、つまり安心安全より、プルサーマルをやれば国から来るお金・交付金を増やすからということで物事を進めようとしていると言います。古い原発を動かせば動かすほどお金が国からくる仕組みが作られている、原発立地4町長がもっとお金を出す仕組みを作れと言っているなどの話が出されました。

写真は、泉地域の街宣。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください