原発再稼働反対意見書続々、飯館・川俣・浪江・南相馬・二本松・会津若松・喜多方の各議会議決。代表質問。報道規制の大手メデア

6月21日現在、福島県内の市町村議会で、原発再稼働反対の意見書が続々議決されています。飯館村、川俣・浪江町、南相馬・二本松・会津若松・喜多方市議会がこれまで議決したという情報が入っています。日本共産党福島県議団も大飯原発再稼働反対の意見書を県議会の総意として採択するよう議長に申し入れました。
21日、今日は、民主県民連合と福島ネットの代表質問でした。自主避難でも住宅支援など県外には適用されているのに県内避難者だけに支援をしないのはなぜかと出されました。災害救助法が適用されるのにまったく被災者の立場に立たない県の姿勢が問われます。
それにしても、激動している消費税増税・社会保障一体改革(中身は改悪)問題、大飯原発再稼働問題に一言も触れない代表質問はコショウの入らない料理のようでした。福島県民はこの流れに無関係とでもいうのでしょうか?

写真は、明日(22日・午後1時)の代表質問準備に全力投球の宮本しずえ議員です。みなさんぜひ傍聴にお出かけください。

写真は、21日夕方県庁前の消費税増税、原発再稼働反対集会です。ツイッターでこの集会を知り参加にかけつけてくれた人もいました。
ちなみに国会周辺集会は連日のように行われていますが、15日に1万2千人集まった時もツイッターが大きな働きをしたとのこと。集まった多くの方が「なんで新聞もテレビもこの集会を報道しないのか?」「国家権力の報道規制か?ここは北朝鮮か?」「まともな報道は赤旗だけか?」など大手メデアの問題もあぶりだされたようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください