朝の定点街宣・佐糠ポンプ場と堤防改修要望現地調査・いわき商工会議所懇親会

暑中お見舞い申し上げます。

いわき市議選が9月9日投票で行われますので街頭宣伝や電話などで政策を訴えています。

何しろいわき市は自民党系や電力労組から支援を受けている市会議員が事実上「福島原発の全面廃炉」の意見書を3度も反対して廃案にしているのです。

また、いわき市は地震での一部損壊住宅支援も何もやりません。運動を盛り上げ市民の立場の市政が実現するよう訴えています。

写真は、伊藤市議と朝の定点街宣


震津波対策はこれからが本格的すすめられていきます。

左糠ポンプ場に関して、地震による地盤沈下対策や堤防のかさ上げ、古くなった設備の改善要望をいただき現地調査を行いました。

写真は、佐糠ポンプ場と堤防改修要望現地調査

 

商工会議所の懇親会に出席しました。

小野会頭は、安全安心の施設誘致やいわきを最先端の都市として変化を遂げたいといいました。

いわき市長は共立病院の建設は早くすすめたい、小名浜港に20メートルの水深が必要で大型船が入るようといいました。

写真は、いわき商工会議所懇親会に・中央は小野会長

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください