県民健康調査は議論の誘導があったのでは・区域見直しと賠償をリンクさせるな」・総括質疑

10日、日本共産党は宮本しずえ議員が総括審査会で登壇しました。「県民健康管理調査」問題については「議論の誘導」があったかどうかについて総務部長を委員長とする調査委員会が作られて調査が行われましたが、県の調査報告書を見ると議論の誘導があったように見えると質問しました。総務部長は「議論の誘導はなかったが、疑念を抱かせかねないあり方があった」と答弁し会議の在り方の改善を示しました。
賠償もんだいでは、避難区域見直しとリンクさせるべきではない、避難区域のみなさんが納得しない基準は直ちに見直しをさせるべき、財物賠償の見直しを国と東電に迫るべきと求めました。知事は被害の実態に見合った十分な見直しを求めると答弁しました。
写真は、日本共産党・宮本しづえ議員


写真は、議場の様子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください