「首まで水に浸かって」「うちの組内は9人なくなって」・津波地区で懇談会。憲法9条守れの署名

24日、津波の被害にあった小名浜下神白で日本共産党の懇談会を行いました。
吉田えいさく衆議院予定候補・長谷部県議・高橋明子市議・私の参加です。「首まで水に浸かってやっと助かった」「うちの組内は9人なくなってまだ2人見つからない」「足が悪いが地震で家が倒れ早く逃げたので津波からは助かった」「吹雪の中をずぶぬれで逃げた」「赤ん坊が泣きわめいていた」など、やっとの思いで助かった方など涙なしには聞けないような話ばかりでした。何一つ持たずに生活を始めた方々の思いをしっかり支援をしなければと思いました。
懇談会に参加された方々は「すぐに、そしてずっと支援してくれた共産党は忘れない」など、共産党への信頼は抜群でした。
写真は、懇談会

日中は、定例の憲法9条を守れの共同センターの署名を行いました。自民党安部総裁の国防軍発言や維新の会の石原代表の核武装論などが出てきており、危機感を持っている人もいました。
写真は、憲法9条守れの署名

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください