「衆議院選挙が大震災原発事故からの復旧復興を加速させる契機となるよう望む」と知事・今日から県議会始まる。「ゆきとどいた教育を求める署名・2万1千508人分」議長に提出。

12月4日、今日から福島県12月定例県議会が始まりました。知事は「衆議院選挙が大震災原発事故からの復旧復興を加速させる契機となるよう望む」と所信表明を行いました。
その後、「ゆきとどいた教育を求める署名・2万1千508人分」を集めて請願に見えた実行委員会のみなさんと議長に請願署名を提出し、懇談を行いました。
写真は、議長に署名提出


写真は、署名に取り組んだ皆さんと懇談


写真は、今日見えた皆さんと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください