福島原発10基全面廃炉・異例の公共事業拡大社会保障切り捨て中止・など自民党新政権に言うべき、福祉型県政で仕事を増やし日本一長生きと子育ての県づくりをと知事申し入れ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

23日、日本共産党県議団は2013年予算と主な施策について、佐藤雄平知事に申し入れを行いました。
予算編成の基本では、自公新政権に対して言うべきこと福島原発10基全面廃炉・異例の公共事業拡大社会保障切り捨て中止など、県内全原発廃炉と原発ゼロの県からの発信、除染を促進し安心して住める県土の再生、賠償の打ち切りを許さず全県民が被った被害の全面賠償、被災者支援、福祉型の県づくりにふさわしい医療福祉の展開、産業雇用の強化、子どもたちの健やかな教育の充実についてです。
(詳しくは、共産党福島県議団をクイックしてください・右の表示からも入れます)

写真は、知事申し入れ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください