「原発汚染水問題は東電任せにせず国が前面に出て対策をすべき」で一致・県魚連との意見交換

DSCN7700

27日、重大問題になっている原発汚染水問題について、日本共産党福島県委員会は県魚連と意見交換をしました。
地下水が流れ込み汚染水がたまり続けていますが、東電は流れ込んでいる地下水を途中でカットして海に流したいとしています。

漁業者や県民からは、地下水といってもどうなのか?東電を信用できるか?という声が上がっています。「東電任せではダメだ、国が前面に出て対策を行うべき」と意見は一致しました。

写真は、県魚連の新妻専務と懇談、左から、伊藤浩之市議・宮川・久保田県委員長・長谷部あつし県議

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください