福島原発の汚染水対策及び事故収束に対する国の責任を抜本的に強化するよう求める申し入れ。夏祭りスタート

29日、福島原発の汚染水対策及び事故収束に対する国の責任を抜本的に強化するよう求める申し入れを国に行いました(福島にある復興局に)。

対応した復興局の阿部雄介参事は、しっかり規制帳庁と資源エネルギー庁に伝えると答えました。

国が推進した原子力政策の中で起きた事故であり、東電任せにせず国が全面的に責任を持つべき、徹底した情報公開をすること、「福島原発事故は収束していない」という認識を政府として正式に表明することや再稼働や原発の輸出の方針を撤廃するよう求めました。

S0581063

写真は、東電の説明・引き続き県議団会議

S0791084
写真は、国に申し入れ・復興局阿部雄介参事に申し入れ

133
写真は、汚染水の海洋流失を報じる新聞

116

写真は、いわき夏祭りは勿来からスタート。いわきの夏祭りは一番南部のいわき踊りと花火大会から・勿来地区から始まります。
写真は、夏祭りは双葉町長もご挨拶。伊澤史朗町長は踊りにも参加しました。双葉町役場は勿来地区・植田地区に仮役場が移転してきました。

125

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください