原発汚染水問題「国が主導権を持つべき・原発は収束していない」と県魚連。「漁船パレードを開くなど県の姿勢を示すべき」と懇談。いわぶち友さんと懇談やお礼。

DSCN8350

30日、参議院選挙の福島選挙区で活躍したいわぶち友さんと菅野地区委員長・渡辺博之市議・私と、各団体や労働組合などご挨拶と懇談をしました。
県魚連といわき漁協との懇談では、今重大問題になっている原発汚染水問題で高濃度地下水が海に漏れ出しているのは早くから分かっていたのに対策をしなかった、発表も選挙後だったなど、国の東電任せや情報隠しなどが問題との話になり、国が主導権を持って対応すべき・事故は収束していない・福島県の声を示すべき漁船パレードはどうかなどの提案もしながら懇談をしました。

写真は、県漁連と懇談

DSCN8355
写真は、いわき漁業共同組合と懇談

DSCN8361
写真は、ご支援を頂いた組合の皆さんにご挨拶

DSCN8366
写真は、いわき市平駅前で街頭からご挨拶

DSCN8378

写真は、いわき市商工会議所総会のイベントで、アイクルガールズの皆さんの歌とダンスのご披露

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください