「怖い怖い・なんとしても自民党に歯止めを!」・自民・麻生副大臣のナチス肯定発言に寄せられる声

DSCN8366

麻生太郎副総理・財務大臣が改憲に関連しての発言で、ナチス政権の「手口に学んだらどうかね」発言した問題で、国内外から批判が相次いでいます。撤回を発表しましたが、日本共産党の志位委員長は批判の記者会見を開きました(共産党のホームページをご覧下さい)。
私もあちこちからこのことで「怖い怖い・なんとしても自民党に歯止めをかけて、共産党頑張って」言われます。歴史を逆戻りさせる政権には止めを!の思いを強く感じて日々の行動をしています。

写真は、街頭から訴え

DSCN8473
写真は、自民・麻生副大臣のナチス肯定発言に一斉に批判の報道

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください