魚種の放射能は徐々に下がってきている・試験操業拡大予定が(汚染水問題で)伸びてしまった・小名浜水産試験場調査

DSCN8794

16日、超党派で作られている「福島県沿岸部水産業復興議員協議会」で、小名浜にある県の水産試験場を調査しました。放射能汚染水問題で試験操業が延期に追い込まれるなど深刻な事態についての対応、現状の状況を調査しました。

場長は、魚介類は他の農産物より高い割合で検出されているが、魚種の放射能は徐々に下がってきている、更に検査体制を強化している、汚染水問題は影響あろうかと思う言いました。
「協議会」では近々、国に直接汚染水対策を国の責任で講じるよう求めます。

写真は、場長から説明を受ける

DSCN8802

写真は、うにの放射能検査を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください