いわき市災害公営住宅家賃全入居世帯を減免します・陳情署名4千筆集まる

DSCF2599

いわき市は、大震災の津波などで被災した市民向けの災害公営住宅家賃について、入居後3年は半額、4年・5年目は25%減免と発表しました。個数は1500戸。これに先立ち減免を求める署名運動がありましたが、かかわった日本共産党の渡辺博之市議は、みんなの運動が市を動かしたことも大きかったのではと話していました。

DSCF2600

写真は、「災害公営住宅を考える会」の皆さんの署名提出

111

写真は、報道する新聞記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください