「食の安全を守れ・農山村を守れ、TPP撤退せよ」と農民連宣伝カーが県庁に

DSC02063

政府は8月22日からブルネイで開かれているTPP交渉で日本の要求が通らない状況がはっきりして来ています。食の安全供給が危うい・命の沙汰も金次第になり保険が危ない、労働者への影響甚大、簡保もなくなる?投資家が政府を訴える、アメリカ言いなり丸呑みと「食の安全を守れ・農山村を守れ、TPP撤退せよ」と農民連宣伝カーが県庁に来ました。

写真は、全国農民連副会長・福島農民連の事務局長の根本敬さんと県議団が宣伝カーの前で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください