「海を汚さない・全基廃炉を・タンクの安全に万全を・労働者に危険手当を」と東電の広瀬社長の対応をただす・全員協議会

DSC_1585

30日、福島県議会全員協議会でした。私は日本共産党県議団を代表して広瀬直己東電社長に「海を汚さない・福島原発全基廃炉を・タンクの安全に万全を・労働者に危険手当を」などを質問しました。また、安倍首相が、汚染水は完全にブロックされている完全に安全、などという事に社長も同調している、県民は不信感を募らせていると迫りました。また、柏崎刈羽原発の再稼働申請は汚染水問題に集中しないことになる点でも問題とし、東電は企業防衛の立場でやってきて当事者責任を果たせないとして破たん処理が必要と指摘しました。

DSC_1553

写真は、東電の広瀬直己社長に質問

DSC_1597

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください