「解決へ英知を集めよう」汚染水問題・共産党のシンポジュウムに参加

080
 
写真は、パネリストの皆さんとあいさつする志位委員長
 
21日、参議院会館で開かれた日本共産党主催の汚染水問題シンポジュウムに参加しました。技術者・科学者・産業界・漁業関係者など会場いっぱいの170人が参加しました。原発への態度や将来のエネルギー政策の違いを超えてこの問題を解決しようとする熱気があふれ大変勉強になりました。
 
077
 
写真は、長谷部議員と私
 
パネリストのみなさんの発言では、国土面積が小さい先進国は脱原発になった、中国はだんとつの安全安全対策をやっている、太陽光など自然エネルギーは倍々ゲームで進んおり一年前のデーターでも古くなっている、東電の組織だとまた同じことを繰り返す(一つの組織が事故処理廃炉・賠償・電力供給をやる矛盾)・汚染水は岩盤の性質の中ではるか遠くの海底に流れ出ている可能性がある・汚染水は個体にして管理する方法も必要・事故処理費用負担など時間が限られた中でも発想の転換も含め大変勉強になりました。
志位委員長と笠井亮議員の話でも共産党の汚染水問題緊急提言の方向が大変重要と思いました。国会でも打開の場を設けたいと締めくくりました。
 
 
078
 
写真は、小池参議院議員の秘書になった福島県出進の小山田さんと
 
参加者のみなさんは、北沢宏一・東京都市大学学長・東大名誉教授。船橋晴俊・法政大学社会学部教授・原子力市民委員会座長。本島勲・元電力中央研究所主任研究委員岩盤地下水学専門。廣瀬勝巳・元気象研究所地球科学研究部長。大島堅一・立命館大学国際関係学部教授。笠井亮・日本共産党衆議院議員・党エネルギー問題責任者。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください