「銃弾不足ない」「普天間補修に25億円!」「自民の規制委員会委員長に異例な面談」・赤旗新聞報道の存在大きいい

自民党安倍内閣の暴走が更にひどくなっています。緊急措置だと言いながらPKO参加の韓国軍に銃弾1万発を提供しました。韓国は「銃弾は不足していない」と言っています。国会では武器の提供はありえないとこれまでくり返し答弁していました。

自民党安倍政権は、普天間基地返還のため辺野古新基地は必要と強硬に沖縄に迫っていますが、来年度予算に普天間基地補修費を25億円も計上しています。地位協定を含めてアメリカは何の対応をする気も示していません。

自民党安倍内閣は、原発稼働推進のため規制委員会に圧力をかけ、規制委員会委員長と自民議員と異例の面談を行いました。いわき市選出の吉野正芳衆議院が見え隠れしています。福島県民に痛苦の災害をもたらして何の反省もない自民党に強い怒りを感じています。

詳しく報道する赤旗新聞の役割を強く感じます。

写真は、銃弾の提供を報じる赤旗新聞

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください