共産党県議団・県委員会、プルサーマル中止を申し入れ

 

2日、日本共産党県委員会と県議団は、プルサーマル問題で県に申し入れました。佐藤雄平知事が近じかプルサーマルの実施を認めると言う情報だからですプルトニュウム利用計画(核燃サイクル)は技術的に確立していない、前知事時代に取りまとめた「中間取りまとめ」で指摘した7つの問題がなんら検証・解明されていない、県民の意見を聞かないで見切り発車をしようとしている内容です。対応した内堀副知事は、一定のプロセスは踏んできた、知事に伝えると言うのみでした。

写真は、申し入れ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください