いわき市の情報・小名浜に「イオン進出!」。共立病院建設。

026 (1)

このほどいわき市と協力して「イオン進出」が本格的との報道がありました。イオンモール建物の概要としては、4階建てで津波避難ビル構造と商業フロアーで小名浜1・2号埠頭間のアクアマリンパーク北側・敷地面積は約4万1200㎡です。4階建てで公共施設も入ります。広域いわき市で一局集中でいいのか、200億円近い税金を投入したいわき駅前(平)の商業はどうなるのか、いわき市全体のまちづくりの観点はどうなのかわかりやすい説明なしでの推進でいいのかの意見が上がっています。

写真は、報道された計画写真と内容

027

いわき市協立病院建て替え計画です。同じ敷地内で(いわき市内郷)建て替えます。地上13階建・屋上ヘリポート付・25科・700床との説明です。

写真は、いわき市からの情報

4 thoughts on “いわき市の情報・小名浜に「イオン進出!」。共立病院建設。

  1.  「イオン進出」との話ですが、私が知る限り、イオングル―プが進出した地域では、地元の既存の店(地元のスーパーや百貨店などを含む)が、次々と潰れているか、イオングループに押されて経営状態が悪化している傾向があります。
     その結果として、車などの運転が出来ない老人などは、近所の店が減り、食料品の買い出しにも困っている、という事実があります。
     これらは、大店法の改悪によるものです。〝今以上の大型店舗の進出は、街と住民の暮らしを更に壊します。〟
     また、そもそも、いわき市では、いわき市の「グランド・ビジョン」を住民参加で作っているのでしょうか?
     「いわき市全体のまちづくり」は、「産業」に観点を絞っても、第1次産業の農林水産業を始め、第2次産業や第3次産業等のバランスや「地域循環型の経済づくり」が行わなければ、「イオン」のように、全国展開の大型店が進出すると、いわき市の「富」がイオン本社に吸い上げられ、結果として、地元は、寂れて行きます。
     いわき市では、既にシャッター通りが作られてるではありませんか。それらをいわき市の方々は、よく考える必要があると思います。
     わが故郷、いわき市の為に。一人の地域についての科学を学んだ者としての考えです。
     但し、以上の件を決めるのは、いわき市の市民の皆さんです。
                                                                        不一

  2. コメントありがとうございました。いろいろやってみます
    宮川

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください