本格的野菜工場等視察・農林水産常任委員会視察(1)

034
9月8日~10日まで農林水産委員会常任委員会の視察でした。8日の出だしは飛行機のトラブルで移動日になってしまい、次の日は、福岡県議会・農産物の輸出促進について、(独)農業食品産業技術総合研究機構九州沖縄農業研究センター・モデルハウス型植物工場における実証研究について、コッコファーム「たまご庵」、9日は、熊本県立農業大学校・熊本農業アカデミーでした。
福岡県では地の利を生かして柿・みかん・八女茶・博多牛などの重点品目の取り組みで、東南アジア・香港・台湾・中国など20億円の海外輸出を目指したいという説明で、九州全体が一体的に取り組むことや船便対応の品質管理や政治状況の安定化が重要とのことでした。農業センターの植物工場はまさ季節天候にかかわりなく生産されるシステムでした。
写真は、福岡県庁で農業生産物の海外輸出について意見交換
068
写真は、農業食品技術センターの中を視察
070
写真は、同センターの中を視察

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください