「福島第一原発汚染水問題は復興を妨げる足かせ」・佐藤雄平知事最後の定例会

DSC_0256
12日、9月定例福島県議会開会です。佐藤雄平知事は今期限りで引退をすることになり、今日は最後の定例会議案説明となりました。8年間の感想と福島第一原発事故という誰も経験したことのない事態にあって全精力を傾けたとあいさつをしました。また、「福島第一原発汚染水問題は復興を妨げる足かせ」ともいい原子力に依存しない社会づくり県内原発全機廃炉を求める復興計画を打ち出し施策に反映してきたとも。日本共産党県議団も5人の議員団として知事をしてこの姿勢に立ってもらった一翼を担ったと思っています。内堀副知事は昨日退任し知事選に出ると公表しました。
写真は、佐藤雄平知事の提案理由説明
DSC_0253 (1)
写真は、提案理由を聞く党県議団

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください