米価暴落・猛暑被害とダブルパンチ、「政府備蓄米」買い入れなど緊急対策も必要です

 

近所の地域は農業地帯です。連日の猛暑と水不足で農家の方々は畑に水やりで大変です。水をやってもやっても日差しが強くてかれてしまう、撒いた野菜の芽もぱらぱらしか出ないと言います。

 野菜の価格は高騰して、スーパーでは中くらいのトマトが99円でした。こういう時の夕食は「もやし」料理でがんばるご家庭も多いことと思いますが、暑さにまけずがんばりましょう。

 米もすっかり黄色くなりましたが、高温障害が心配と言います。それにしても米価が安すぎて、後継者が生まれないと心配しています。「政府備蓄米」買い入れなど緊急の米価暴落を防ぐ必要があります。

写真は、継続して農業ができるようにと訴える案山子。

写真は、猛暑と水不足でかれるサトイモの葉。必死で水をやっている畑。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください