「学校給食無償化・高校にも給食を」・県民の請願に反対(自民・公明・民主・ネット)でいいのか。もっと人に熱い支援を決算討論

DSC_0833
19日、12月定例県議会が終わりました。私は知事提出議案・県民からの請願・議員提出意見書について討論しました。県民からの請願は子ども教育支援の内容が多かったのですが、小中学校の学校給食無償化と高校給食実施に共産党以外反対(自民・公明・民主・ネット反対)でした。実施するかどうかは県知事の判断なのですから、要望位は賛成して採決すべきではないでしょうか。私は「県内の子どもの6人に一人が貧困で、夜まで働く母親をコンビニのパンを買って待ち続ける小学生などまともな食事が学校給食だけという子もいます」と討論して呼びかけました。賛成するかどうか迷ったという議員もいましたが迷った挙句反対ではどうしようもないですね。
神山議員が決算の討論でハード面だけでなく県民一人一人の支援こそが重要と言いましたが、この立場が県政に欠けているのです。
写真は、議案・請願・意見書で討論する宮川
DSC_0889
写真は、決算で討論する神山議員
DSC_0860
写真は、採決
DSC_0916
写真は、閉会後あいさつに見えた知事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください