東電がある限り検査は続く・漁業者の実態も・復興フォーラム学習会

002

25日、議会終了後福島市で行われた「福島県の漁業復興に向けた取り組み」について、元相馬双葉漁協組合本所部長・遠藤和則さんの講演を聞きました。魚介類の放射能の影響・試験操業の取り組み・今後の取り組みと問題点などです。会場からは多くの意見や質問が出され、福島の漁業を心配する声やおいしい魚を食べたいなどの声が出されました。漁業者の気持や実態などがよくわかりました。(事故原発が)東電がある限り検査は続くので検査体勢への支援は重要と。

004

写真は、講演した遠藤さん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください